知ってて安心
妊娠中のお出かけガイド

お正月休みやお盆休み、ゴールデン・ウィークなどの長い期間のお休みには、帰省や旅行を計画している人も多いのでは?楽しみな反面、体調やお腹の赤ちゃんのことを考えると、いろいろ心配なこともありますよね。そこで今回は、妊娠中の外出や旅行について、気をつけたいポイントを紹介します。

■準備をしっかりして、お出かけを楽しもう。
何はともあれ、自分の体と相談。
お出かけ先の病院情報をチェック。
ムリせずゆるめのスケジュールで。
■交通手段別★チェックポイント
車編電車編飛行機編
■OK?NG?妊娠中の旅行Q&A
妊娠中の温泉はNG?
温泉入浴で気をつけることは?
妊娠中は海外旅行NG?
妊婦は海外旅行保険に入れない?

ミッキー・ハンドパペットをプレゼント!

 準備をしっかりして、お出かけを楽しもう。

妊娠中のお出かけの、準備と心構えを紹介します。先輩ママの体験も、ぜひ参考にしてみて。

何はともあれ、自分の体と相談。
妊娠中だからといって、遠出がまったくNGなわけではもちろんありません。妊婦検診を受けて自分と赤ちゃんの状態をきちんと知っておくこと、心配な場合は医師に相談をしたり、必要な薬を処方してもらっておくことが大切です。
先輩ママのクチコミ
定期検診の時期ではなかったのですが、念のため帰省前にかかりつけの産科医に行って、診てもらいました。おかげで、安心して過ごせました。

ページトップへ↑

お出かけ先の病院情報をチェック。
妊娠中の旅行や帰省時の不安のひとつが、何かあったときにかかりつけ医にすぐには診てもらえないということ。トラブルが起きても慌てないように、旅行や帰省先近くの病院や産婦人科を調べておきましょう。帰省の場合は、実家のかかりつけ医を事前に確認しておくのもいいでしょう。妊婦の受け入れ拒否の問題もクローズアップされているので、病院情報はできる限り集めておくと安心です。母子手帳、健康保険証を持って行くことも忘れずに。

ページトップへ↑

ムリせずゆるめのスケジュールで。
せっかくの帰省や旅行なので、あれこれしたくなるのもわかるけれど、体調最優先でムリは禁物。お出かけ中だけでなく、その前後の日も疲れたらすぐに休めるように、予定を詰め込みすぎないようにしましょう。大掃除などをがんばりすぎて、お出かけ当日はへとへと、なんてことがないように。また、体調がよくないなと感じたときは、キャンセルする潔さも必要です。

ページトップへ↑

 交通手段別★チェックポイント
車編
ゆったりスケジュール&早めの休憩を。
ずっと同じ姿勢で車に乗っているのは、お腹や腰に負担がかかるもの。1時間に1回程度は休憩をとって、体を動かしましょう。また、妊婦はトイレが近くなりやすいので、渋滞時などは特に、意識して早めにトイレ休憩をとることが大事です。

ページトップへ↑

妊娠中の正しいシートベルトの着け方。
正しく着ければ、大きなお腹でも苦しくありません。コツは以下の4点です。
シートには深く正しい姿勢で腰かけること。
肩ベルトはお腹を避け、肩から胸の間を通すように着用する。
腰ベルトは腰骨の低い位置からスタートして、お腹のふくらみの下に通す。
ベルトのゆるみやねじれがあれば直す。
妊娠中の正しいシートベルトの着け方
また、妊婦用のシートベルト補助具も売っているので、活用してみるのもおすすめです。
妊婦って、シートベルト免除じゃないの?
現在のところ道路交通法では、妊婦のシートベルトは免除されていますが、日本産科婦人科学会が2008年3月、「妊婦もシートベルト着用を推奨」との見解を発表しました。シートベルトにより、事故時の妊婦自身の安全が守られるのはもちろん、お腹の中の胎児についても、死亡のリスクが減るという諸外国のデータに基づいたものです。2つの命を守るためにも、シートベルトは忘れずに!

ページトップへ↑

電車編
ラッシュを避ける工夫を。
お正月休みやお盆休み、ゴールデン・ウィークなどの長い期間のお休みには、旅行や帰省する人で、ターミナル駅はとても混み合っています。人が多いと、大きなお腹で移動するのも一苦労。なるべく混まない時間帯を選んで、移動したほうが安心です。
指定席の予約が安心。
大きなお腹を抱えて立ちっぱなしで電車に乗るのは辛いもの。長距離移動の場合は特に、指定席を予約しておきましょう。気分が悪くなったり、トイレのときにすぐ立てるように、出入り口に近い通路側の座席ならさらに安心。

ページトップへ↑

飛行機編
妊娠中の飛行機、いつまで乗れる?
国内線の場合、分娩予定日の29日前までは特に規定はありません。28~8日前の場合は、医師の診断書と妊婦本人の同意書、7日以内の場合は診断書と同意書にプラスして、産婦人科医の同乗が義務付けられています。国際線は、航空会社によって異なるので、事前に問い合わせを。

ページトップへ↑

 OK?NG?妊娠中の旅行Q&A

子どもが産まれてくる前に、ゆっくり旅行したい…とは思うものの、心配はつきもの。特にわからないことが多い、温泉旅行と海外旅行の疑問について、お答えします。

[Q]妊娠中の温泉旅行、やめておいたほうがいいの?
[A]温泉の成分が直接、妊婦に悪影響を及ぼすということはありません。ただ、妊娠中は肌が敏感になっていることも多いので、刺激の強い酸性泉、食塩泉、ラジウム泉等は避けて、単純泉などを楽しむといいでしょう。旅行前に主治医に相談することもお忘れなく。また、妊娠初期のサウナは、多量の発汗による血液の濃縮が、胎児に影響を及ぼすことがあると言われています。妊娠初期はサウナは避け、その後、どうしても入りたい場合は5分程度にしましょう。

ページトップへ↑

[Q]安定期になったので、温泉に行きます。入浴のとき、気をつけることは?
[A]お腹が大きくなって、バランスを崩しがちな上、足元が見えにくくなっているのが妊婦。岩風呂や露天風呂などで滑らないように、手すりにつかまるなどしてゆっくりと入りましょう。体調を崩したり、転倒したときのためにも、できれば一人で入浴しないほうが安心です。熱すぎるお湯や長湯も、のぼせの原因となるので常識的な範囲で楽しんで。
マタニティ専用の温泉宿プランって?
妊婦が安心してリラックスできるように配慮された宿泊プランが今、クチコミで人気を集めています。プランの内容は宿によって違うけれども、プライベートな入浴を楽しめるように貸切風呂が無料だったり、食事がお部屋出しだったり、つわりなどでの味覚の変化に柔軟に対応してメニューの希望を聞いてくれるなど、細やかなサービスが人気の秘密です。宿予約サイトで「マタニティ」で検索をすると、いろいろなプランがヒットするので、旅行を考えている人はチェックしてみては。

ページトップへ↑

[Q]妊娠中は海外旅行に行っちゃダメ?
[A]最近は、新婚旅行前に妊娠が発覚するケースも多いので、絶対ダメというわけではありません。旅行中に何かあった場合に、言葉や医療体制の違う海外で対処できるように、準備をしておくことが大切です。滞在先近くの医療機関についての情報などを、できるだけ集めておきましょう。国内、海外問わず旅行するなら、安定期が一番安心して楽しめる時期ですが、出発前に体調の変化があった場合など、直前でもキャンセルする勇気も必要です。

ページトップへ↑

[Q]妊婦は、海外旅行保険に入れないの?
[A]海外旅行傷害保険は通常、妊娠・出産・早産・流産これらに起因する疾病、歯科疾病を除いた疾病に保険が適用されます。妊娠中でも保険には入れますが、妊婦独特の症状については、保険外ということですね。ただし、AIU保険には「妊婦補償」があり、妊娠22週未満の妊婦に限り、妊娠による治療や救援の場合にも保険が適用されます。
※補償内容は変更になる可能性もあるので、加入の際は必ずご確認ください。

ページトップへ↑

ミッキー・ハンドパペットをプレゼント!
※ハンドパペットは、ミッキーまたはミニーのどちらかをお選びいただけます。
※プレゼントは1家族につき1回限り、1点のみとさせていただきます。
※プレゼントの内容は変更になる場合がございます。

ワールド・ファミリー株式会社

もっと詳しく知りたい方は

英語教材の中でも大人気!「トークアロング・カード」

大人気!「トークアロング・カード」

大人気の「トークアロング・カード」をまずは体験してみましょう。工夫次第で、たくさんの使い方が出来ます。

ディズニー(Disney)の英語システム の充実したサポートサービス

充実したサポートサービス

赤ちゃんからご両親までを対象にした、安心で頼れるサポートサービスをご用意しました。

ユーザーブログ

「ディズニーの英語システム」を利用中の方々のブログです。生の声や、使いこなしのヒントが満載!

幼児英語教材「ディズニーの英語システム:DWE (Disney's World of English)」情報満載 ブログ一覧

ディズニー(Disney)の英語システム 簡単にわかるディズニー(Disney)の英語システムガイドツアー
ディズニー(Disney)の英語システム ディズニー(Disney)の英語システムプログラム紹介