赤ちゃんを迎える部屋づくり

赤ちゃんが毎日を過ごす部屋は快適に整えたいものです。寝る場所の設置、温度や湿度など、大人とは違った心配りが必要になってきます。退院したあと慌てないように、出産前に家族と協力してお部屋を整えておきましょう。新生児を迎える部屋づくりのポイントをご紹介します。

自然光が入る部屋
エアコンの風が当たらない場所を
赤ちゃんの周りに物を置かない
掃除のしやすい場所に
テレビのない場所に
赤ちゃん目線で汚れをチェック
大掃除をする心構えで
温度と湿度の管理
ハウスダスト対策


「ディズニーの英語システム」オリジナル「ミッキー・ハンドパペット」プレゼント!


ステップ1 ベッド、布団の設置場所を決める

自然光が入る部屋
自然光の入る明るい部屋は、赤ちゃんの生活のリズムがつくりやすくなります。ただし、西日や直射日光が当たる場所は避けましょう。間取りの関係で自然光が入らないお部屋の場合は、日中は持ち運びできるバウンサーやクーファン、座布団などを使って、光の入るお部屋に移動させてあげるといいですね。

ページトップへ↑


エアコンの風が当たらない場所を
エアコンの下など、吹き出し口が直接赤ちゃんに当たらないように注意しましょう。

ページトップへ↑


赤ちゃんの周りに物を置かない
地震があったときでも安全が確保できるよう、ベッドや布団の周囲に背の高い家具がないことを確認しましょう。蛍光灯などの照明器具の下も避けたほうがいいですね。ベッドメリーを使う場合は、落下防止のために赤ちゃんの足元のほうにセットしてください。枕の周りのおもちゃも、寝がえりをうったときに口をふさいでしまう事故を防止するために、ママの目が届かないときは、あまり多く置かない方がいいでしょう。

ページトップへ↑


掃除のしやすい場所に
赤ちゃんのスペースはこまめに掃除ができることが条件。ダニが繁殖しやすくほこりも溜まりやすいので、カーペットはできるだけ避けて、フローリングか畳のお部屋に。掃除機がかけやすい場所を選ぶようにしましょう。

ページトップへ↑


テレビのない場所に
映像と音が同時に出るテレビは、赤ちゃんの眠りを妨げる原因にもなります。テレビのある部屋はできるだけ避けましょう。

ページトップへ↑



ステップ2 温度、湿度の管理とお掃除はまめに

赤ちゃん目線で汚れをチェック
ハイハイをする赤ちゃんは、床、畳に密着しています。赤ちゃんの目線で床を見てみましょう。思った以上にほこりが目立つことがわかるはずですよ。ハウスダスト対策のためにも、掃除機をかける場合は6畳に15分程度を目安にしましょう。

ページトップへ↑


大掃除をする心構えで
赤ちゃんを迎える前に、エアコンや窓ガラスを掃除したり、カーテンを洗濯しておきましょう。とはいえ、妊娠中の体ですので、無理せずに家族に協力を頼んで掃除するといいですね。引っ越しシーズンは、新居だったら大掃除するチャンスです。引っ越しに使ったダンボールは早めに片づけて、赤ちゃんのいるお部屋には置かないようにしましょう。

ページトップへ↑


温度と湿度の管理
温度計と湿度計はできるだけ用意して、赤ちゃんの寝ている位置で計測しましょう。室温は20度前後、湿度は50%前後がベストです。自然換気も1時間に1回はできるといいですね。
湿度が高くなる夏場は除湿機を使うといいですね。布団乾燥機があるとベストです。結露があるとカビが発生しやすいので、すぐにふき取りましょう。

ページトップへ↑


ハウスダスト対策
ダニは温度が20度から30度、湿度が60%から80%の高温多湿で発生しやすくなります。このような条件がそろうと、フケ・ほこりなどのえさを食べ、カーペットや布団、ぬいぐるみの中で活発に動き出します。ダニやほこりなどのハウスダストを吸い込むと、アレルギーやアトピーの原因になることもあるので、対策はしっかりと!
ハウスダストは床から30cmぐらいまで飛びやすいので、ベッドの方がダニやほこりは避けやすく衛生的です。シーツはまめに洗濯して、布団を干したあとは、掃除機でハウスダストを吸い込むようにすると効果的。

ページトップへ↑

「ディズニーの英語システム」オリジナル「ミッキー・ハンドパペット」プレゼント!

ワールド・ファミリー株式会社

もっと詳しく知りたい方は

英語教材の中でも大人気!「トークアロング・カード」

大人気!「トークアロング・カード」

大人気の「トークアロング・カード」をまずは体験してみましょう。工夫次第で、たくさんの使い方が出来ます。

ディズニー(Disney)の英語システム の充実したサポートサービス

充実したサポートサービス

赤ちゃんからご両親までを対象にした、安心で頼れるサポートサービスをご用意しました。

ユーザーブログ

「ディズニーの英語システム」を利用中の方々のブログです。生の声や、使いこなしのヒントが満載!

幼児英語教材「ディズニーの英語システム:DWE (Disney's World of English)」情報満載 ブログ一覧

ディズニー(Disney)の英語システム 簡単にわかるディズニー(Disney)の英語システムガイドツアー
ディズニー(Disney)の英語システム ディズニー(Disney)の英語システムプログラム紹介