幼児英語教材「ディズニーの英語システム:DWE (Disney's World of English)」/お知らせ

フリーアナウンサーの久保純子さんがワールド・ファミリーのイベントに参加されました!

2011年2月10日

「ディズニーの英語システム」のユーザーで、フリーアナウンサー 久保純子さんが、2月4日に神奈川県横浜市で開催されたワールド・ファミリーのイベントに参加されました!



ご自身も英語が非常に堪能であり、「英語教育」にはこだわりのある久保さんが、2歳と9歳のお子さんに選んだのが『ディズニーの英語システム』。
詰め込み型の英語教育には賛同できないという久保さんですが、
「『ディズニーの英語システム』でミッキーたちと楽しく遊びながら英語をインプットして、覚えた英語の実践の場である『イベント』や『テレフォン・イングリッシュ』などを通じて、ネイティブの先生と楽しくアウトプットしていく『ワールド・ファミリー・メソッド』は、私の理想的な英語教育の方法です!」とコメントされました。

イベントでは、ワールド・ファミリーのユーザーの幼児に囲まれて壇上に上がり、『ディズニーの英語システム』の歌を子供たちと一緒に歌ったり踊ったりされました。

同じくイベントに参加された、『ディズニーの英語システム』ユーザーであり、昨年、毎日新聞社主催の「第2回全国こども英語スピーチコンテスト」の小学校3・4年生の部で全国総合優勝に輝いた竹村和真くんに対しては、「英語も素晴らしい。英語を話すときに、自信をもって生き生きしていますね。何より本人が英語を楽しんでやっているのがいいですね」と感想をおっしゃいました。



久保さんは、4月から小学5・6年生に英語が必修化されることについて
「賛成です。イギリスでは、小学校の時から外国語が始まる。第2外国語がフランス語で第3外国語がドイツ語だった。世界にいろんな言葉があるということを感じることも大事」ともおっしゃいました。
「楽しむということが一番の英語への近道」「『ディズニーの英語システム』は、歌やDVD、絵本、カードやゲームがあって、遊びながら楽しんで覚えられるのがいい。車で移動する際に娘が「これがいい」と『ディズニーの英語システム』のDVDを自分で選んでいます」などと、笑顔で語られていました。

今後、ワールド・ファミリーのWEBサイトで、久保純子さんが『ディズニーの英語システム』を使われたご感想や、イベントに参加された時の印象などを、ご紹介していく予定です。